老後資金が危なくなったら終身保険を一部解約して補う

 

生命保険には、医療保険や終身保険などがありますから、何が起こるか分からない老後の健康を考えていく為やご自分がもしもの時に残された家族の安心を支えてくれるものです。

 

そして終身保険には、途中解約という選択肢があって老後の資金としても使えるのです。

 

しかも途中解約というと受け取り金額が少なくてデメリットになってくると思われがちですが、そうではないのです。

 

さらに終身保険は、払い込み期間を2つのパターンで選択できます。
文字どおり終身という意味どおりに、一生払うものと短期払いの10年や15年支払いで、60歳~65歳で支払い完了です。

 

そして、短期支払いを見ていくと、保険料は高めでも保険料の支払いが終わった時点での払い戻し金のパーセンテージは、高くなっていくのでお得です。

 

終身保険に入る時に短期払いか一生涯払いのどちらが良いのかは決められませんが、一部解約をするとメリットがでてくるので生かしていきたいものです。

 

全額解約だとそこで保険を受けられなくなってしまいますが、終身保険を一部解約していける保険商品もあって、老後資金として活用できるのです。

 

 

 

余裕資金の運用目的で終身保険に加入する人もいる

 

生命保険には、医療保険や定期生命保険さらに終身保険があって、ご自分や家族のことを考えていくと活用の仕方が違ってくるので、
老後のマネープランを考えるときには、どれが自分に合っているか考えなければなりません。

 

その中でも終身保険は、他の保険と大きく違っていて、一生涯契約をし続けていくものです。解約をしないかぎり必ず給付金が受取人に入ってきます。

 

ですからその分だけ保険料の高い保険であることは避けられません。

 

でも終身保険にも活用法があって、途中で全額や一部解約という運用法があるのです。

 

「低解約返戻金型終身保険」は、高齢化社会という時代背景を受けて注目されていて、名前のとおり途中で解約を考えた保険商品です。

 

特徴は、保険料を安くなっているので入り易くなっているので解約払戻金が低く普通の保険の70%です。

 

でも65歳に満期を向かえる生命保険が終わった後後に終身保険入っていき途中で解約をするという運用方法があります。

 

老後の資金計画に生かされるので、高齢化が進んできているこれからに向けて人気が高まってきているの保険商品です。老後の余裕資金となってくるのです。