孫の学資保険の代用で終身保険に加入する人もいる

 

「終身保険」に興味はありますか?ご自分の最後に保険を掛けて、残された家族などに資産として残していこうとする保険システムが基本的な目的です。

 

でも、ただそれだけではなくて、運用方法が色々と用意されている保険でもあるのです。ネットや保険会社のパンフレットでも盛んに紹介されていて、終身保険のメリットがよく分かってきます。

 

その中で「孫の学資保険の代用」なんてあるのですよ。さてその運用方法ですが、終身保険でも「低解約返戻金型終身保険」は、途中解約をするとメリットがでてきます。

 

特徴としては、保険料が一般終身保険よりも低くて、途中解約をすると払戻金は、低くて70%あたりですが、払い込み期間が終わると戻ってくる払戻金は、高くなるのです。

 

終身保険としてご自分になにかあったときに考えたいのは、これから大きくなって育っていくお孫さんへの投資となると有意義に活用できるのです。

 

終身保険とは、残された次の世代への保険という目的が基本ですが、途中解約をしていくには、タイミングを考えて運用をしていくと有意義に活用できるので、満期払い込みという選択肢だけでなくて、さまざまに使い方を考えられるのが、終身保険です。

 

老後こそ必要なのが医療保険

 

歳をとるに従って、病気に掛かる可能性は高くなっていきます。高齢化社会が進んできているとは言ってもある調査結果では、
70歳を超えていくと病気にかって入院や病院通いとなるケースは多いのです。老後の心配として大きいのが病気になったときの医療費ですが、
健康保険だけで賄えないのが今の現状です。

 

年金の受給や退職金さらに貯蓄によって、老後の医療費負担を考えると不安な面がでてきます。ですから生命保険で賄っていこうとする選択肢がでてきます。

 

老後の生命保険には、終身保険や医療保険がありますが、一番の得策は、医療保険に入っていくことです。

 

さらに今はガンに掛かる確率上がってきていますが、もしガンに掛かって手術や入院ともなると保険で賄っていかないととてもじゃあありませんが、資金不足であることは確かです。

 

ガン治療は年々高度なものになっていますが、健康保険適用外が多くあって、少しでも長く生きていくために最先端治療を受けるには、資金不足となってきます。

 

さらに若いうちから医療保険に入っておくとメリットとして、保険料が安くて済んでいけるので、老後の病気への心配が軽減されるのです。